クレジットカード現金化のリスク

クレジットカードの現金化はよく知られた方法ではありますが、リスクもあります。最も大きなリスクは、あまり気づいていない人も多いかもしれませんが、クレジットカードの利用そのものを停止されるリスクです。

自分のクレジットカードで買ったものをどうしようがこちらの勝手だろうと思っているような人もいるのですが、これはカード利用規約にも明記されていることですので言い逃れはできません。

もう一つは、普通にキャッシングでお金を借りるよりも多くのお金を返済しなければならなくなるリスクです。


キャッシングで例えば10万円を借りたとしますと、返済の元本は当然10万円です。



もちろん金利はかかってきますが、実際に借りた10万円に対して金利がかかってくることになります。
一方でクレジットカードの現金化の場合は異なります。


カードで10万円の買い物をしても、現金化で手にできるのが10万円になることはありません。



それでは現金化業者には何のメリットもなく、そのような商売など成立しないからで、ある程度の手数料がかかることはこの仕組み上致し方ありません。



業者によっても異なりますが、例えば10万円の買い物をしても手元にもらえる現金は8万円であったりします。

しかしカードの支払いはしっかり10万円分だけ行っているのですから、8万円ではなくて10万円を返済していかなければなりません。


分割払いの場合はそれにさらに金利がかかってくることになります。